ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター レポもどき

2014年10月13日 18:54

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッターへ行って参りましたレポ的なものです。



これから行く方の参考になればと思いまして柄にもなく長文です。
ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーについても書いていますので、ネタバレは無いに等しいですが気になる方は回避お願いいたします。
(※待ち時間等については平日かつ台風の日の話のため、全くもって参考になりませんことをご承知ください)

◆エリア入場まで

とにかく混んでいるとの話でしたので、念には念を入れ入場確約権付のエクスプレス・パス5を事前購入しておりました。
指定時間より若干早く入口の受付に付いてしまいましたが、台風通過により空いていたせいかそのまま入れました。

翌々日に入場整理券でも入りましたが、こちらは昼頃に10分かからず発券し1時間半後の入場券でした。
発券機1台ごとにクルーがついており発券の作業を全てやっていただけたので、システムが理解できないままに券を渡されるという結果に…。
三つほど時間の選択肢があったような気がします。

一度エリア外へ出てしまいますと再入場ができないため、他のエリアで見る予定のショーやレストランの優先案内などの時間はしっかり把握しておく必要があります。

整理券での入場はエリア入口正面ではなく右手脇になり、少しだけ列に並ぶ必要がありますが割とスムーズです。
入口からは一本道なので極度の方向音痴さんでも間違いなくホグズミード村にたどり着きます。



ホグズミード村の入り口横には空飛ぶフォード・アングリアがあり、記念撮影スポットになっています。

エリア入場から10分後にハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーの時間指定をしていたため、とりあえずホグワーツ城へ。
指定時間の5分前くらいから入口のクルーより列形成の案内がありました。
この時点で、一般スタンバイ列は60分待ちでした。


◆ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー について

エクスプレスパス利用の列は、時間帯にもよると思いますが進みがかなり早いです。
のんびりキューラインの部屋を見たい人、ハリーポッターの世界観に浸りたい人には向かない気がします。
実際、一般列の方がキューラインで見ることのできる部屋が多いそうです。


少し進むとロッカールームがあり、ここで荷物は全てロッカーに預けるよう指示があります。
ロッカーはコイン無しで開閉可能なタイプなので、手持ちの小銭が無くても問題ありません。

ところがこのロッカー、駅にあるような通常の手荷物サイズなので大きいお土産袋などは苦労します。
かくいう自分もカメラバッグとサブバッグを収納するのにかなり苦労しました。
近くでクルーに荷物が入らないと訴えている方がいたのですが、いくつかのロッカーに分けて入れるか、
それでも無理なら交代で荷物番をして一人ずつ乗るようにと言われていましたので、大きなカメラバッグ持参の方は要注意です。

ちなみにロッカールームはエクスプレスパス列と一般スタンバイ列が合流するのでかなりの人口密度でした。
パス利用者はロッカールーム入口でチケットを渡され、パス専用列に戻るときに回収される仕組みです。


その先のキューでも写真撮影OKのようで、スマホのカメラで撮影されている方が多かったです。
自分はというと…一眼はじめコンデジすらロッカーに入れてしまったために写真なしというわけであります。
とはいえ、ポケットに物を入れて持っていく場合、チャックやボタンでしっかり閉じられるポケットでなければ止めたほうが無難だと思います。
想像以上にライドが大きく急旋回するため飛んでいきます。

ついでにメガネのネジが緩んでずり落ちやすい方は家で調整しておくべきかと。



前置きが長くなりましたが乗った感想を。
スパイダーマン・ザ・ライドとジョイポリスのヴェール オブ ダークを足して2で割ってさらに最新技術を足しました…みたいなイメージ。
なんというか、今までに乗ったことのない雰囲気のライドで面白いです。

高所および暗所が苦手な方と三半規管が弱い方にはお勧めしません。
ジェットコースターのような体が浮く感覚はほぼありませんが、場面の展開が早いので酔う人は酔うと思います。
また、4人席が横並びのライドのためディメンターが正面から来ると逃げ隠れできないので小さなお子さんは辛いかもしれません。


◆ショーについて

ステージは記念撮影スポットや休憩場所として使われているため、ショー開始10分前頃にクルーが来てステージからゲストを下ろします。
その時点では鑑賞位置の指示など特に無く、もう少しぎりぎりになってから最前列のラインの案内があります。
座り見立ち見のラインはかなり雑だったのでその時によって変わりそうですが、自分が見た回は前3~4列くらいが座り見でした。



フロッグクワイアは、期待し過ぎて楽しめるか不安でしたが期待を上回る素敵なショーでした。
綺麗な歌声と可愛い蛙たちの挙動だけでなく、各寮の特徴が出たキャストさんたちの掛け合いが楽しく飽きさせません。
各キャストさんの所属寮は固定されているのかと思いましたが、2寮掛け持ちされてる方もいるようですね。

フロッグクワイアとトライウィザード・スピリット・ラリーともにどちらのショーも終了後に記念撮影時間があります。
混んでいなかったからかもしれませんが、希望者全員が撮り終わるまで対応していました。

公演回数が多いので1時間半あれば確実に両方のショーを観ることができると思います。


◆その他

ハニーデュークス及びゾンコが尋常ではない混み方でした。
入店待ち列が外に長く伸び、店内はなかなかぎっちり人が詰まっていたので今回は入店せず。
恐らく1~2時間待ち程度だったと思われます。

その他のお店は店内は混んでいるものの、特に不自由なく買い物ができるレベルでした。
友人へのお土産として杖だけ買いましたが、こちらもレジはそれほど混んでおらずスムーズに買えました。
ショーウィンドウが凝っているので見ているだけでも楽しいです。




バタービールは、ステージ横のワゴンで待ち時間5分程度で購入。
こってり甘かったので甘いもの好きな方はショー待ち中などに是非。




以上まとまりのないレポ的なものでした。
長文にお付き合いいただきありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。

web拍手


最新記事