目黒雅叙園 「和のあかり×百段階段」展 2016

2016年07月24日 19:58

目黒雅叙園の百段階段で開催中の「和のあかり×百段階段」展へ行って参りました。
ストロボ・三脚を使わなければ撮影可なので思う存分撮ってきました。



10時オープンに合わせて5分前くらいに到着しましたが、すでに開場を待つ人が数十人はいました。
一つ一つの展示をゆっくりマイペースに見たい場合は平日でないと厳しいかもしれません。

最後のお土産コーナーにはつい欲しくなるような物が沢山ありまして、これはお財布の紐を締めねばと思ったのですが…
気づけばしっかり金魚ちょうちんの箱を抱えてレジにならんでおりました。

続きに写真と感想を少々。


「柳井金魚ちょうちん祭り」



「龍棲の里 福井」 墨絵師 西元祐貴 氏







「青森ねぶた祭」



「平成 百鬼夜行立体絵巻」妖怪絵師 満尾洋之 氏



「草木のあかり」造形作家 川村忠晴 氏



「石見神楽」



「伊吹の森」切り絵作家 早川鉄兵 氏

自分がどこにいるのか分からなくなってしまいそうな世界観が部屋ごとに広がっていて本当に素敵でした。
個人的には百鬼夜行と息吹の森が特に好きでした。
他にも一階にお祭りの山車等の展示があったりとボリューム満点で行って良かったです。

web拍手


最新記事